Advertisement
by
Length:LongLanguages:
This post is part of a series called Magazine Design & Templates .
How to Make a Book in InDesign
This post is part of a series called A to Z Design Software.
The A to Z of Adobe Photoshop
The A to Z of Adobe Illustrator

Japanese (日本語) translation by poipoi (you can also view the original English article)

Adobe Creative Cloud InDesign CC

Adobe InDesignは多様なソフトウェアプログラムの作成美しいデザイン印刷やデジタルます。 ほとんどのデザイナーはいった信頼できるセットのInDesignで作成するツールを一貫して使用日のワークフロー(罪名 もののほか、忠実に特徴のあるも豪快なツールヒントを知らない。 

 において最も手間のかかる新人のプログラムや味付けInDesign、あるいは以下のリストしていないことを発見し又は使用します。 リンクをクリックしアクセスを詳細にチュートリアルのInDesignのが特徴です。

を使用してよりInDesignツールヒントの特徴を入れていない。 共に、これらのコメントを以下のとおりです。

A

 Alignパネル(ウィンドウ]>[オブジェクト&レイアウト>Align):このパネルのデザイナーの配列オブジェ、ページ上の文書です。 チガビンセルビーのク先のパネルを揃えます。

 アライメント探し文字の大きさを指定するオプションの項をフォーマット管理メニューの中ではトップアプリケーションバー):このオプション設定メリットがあり、ブランドのテキストを正当化され、センター、または揃ってつけの背ます。

 アンカーポイント(工具パネル>の追加/削除アンカーポイントツールとして、イラストレーター、応募できるアンカーポイントへのトランスレーショナルリサーチの形状を手動で変弧ます。

 固定オブジェクト(オブジェクト>固定オブジェクト):トを添付できます。/アンカーなどのアイテムをテキストフレーム、または画像)指定されたテキスト文書、シリーズの位置、インラインは、上記線を行います。

 アプリケーションバー用フレーム(Window>アプリケーションバー用フレーム)のアプリケーションバーの座に画面がInDesignは開放され、メニューワークスペースイッチャー及び他のアプリケーションを管理します。 フレームは現代InDesignタのインターフェイス群の全てのワークスペースの要素として正しくお使いください。  切り替えることができるこのオン/オフ、ウインドウのメニューです。

 レ(ウインドウ>Arrange/Ctrl-クリックし[Mac]を右クリックし[PC]>整)を送信することができ、選択された項目(例えばテキストフレーム/形状/画像フレーム)、フロントの文書を同一の層です。

 記事(ウインドウ>記の記事からcs5まで可します。5以降)を提供する設定の間の要素を記した文書に限定されていない通常の左から右の読書の伝統的なtypeset文書です。  この記事では、輸出書類をEPUB、HTML、アクセシブルPdfします。  ドラッグ&ドロップで操作できなどの個々のテキストフレームの記事をパネルに正しい順序で保持する前に輸出します。

B

ベースラインのシフト(文字のフォーマットの制御パネル):ベースラインが目に見えない線るテキスト文字座とのできるこのシフトを上下のベースラインのシフトのオプションを押して文字を上下します。

ブリード(ファイル>新規ドキュメント>ブリード、スラグ):ブリード設定可能な目の予測アンケートを実施への枠を書類です。  このテキスト、画像、色の境界の文書を他のマトリミング誤印刷後に表示されが目立たなくなります。す。

 ブック(File>New>本---なし):  を作成でき、"書"のファイルInDesignます。 このグループ分けを別の文書などの章では、アクセスを維持しながら、番号の順序のページです。

C

 文字(ウインドウ>タイプ&テーブル>文字):応募できる属性やスタイル参照"S"は、下記のテキストです。  の選択により、個々の文字、単語や文章の変更ができますフォント、サイズ、(L)等 利用で利用可能なオプション文字のフォーマットの制御パネル(以下参照)。

文字のフォーマット:このパネルの用途バーに沿って走るトップの画面になります。  で示されるの""アイコンの左側にバーがあります。

色:どのように管理色InDesignます。

カラム(レイアウト>マージンおよびカラム...):新規作成時の文書の設定ができますの列数の文書などの側溝の間隔とします。 ることができますより簡単に手配列の文字は、たとえば、新聞のパンフレット又はレイアウトします。 チェックマーティンPerhiniakのヒントを設計レイアウトとカラムです。

コンテンツコレクターツール(B)-コンテンツPlacerツールからCS6以降、これはポップアップパネルを可能にするのは"収集"の配信コンテンツを文書です。  例えば、利用したい画像を複数回の全体の長い書籍とのできる"collect"のイメージのコンテンツ集について教えてくださいする形で開催することになりました

 コーナーオブジェクト>コーナーオプション)のコーナーオプションメニューのサイズや形状などBevelledは、四捨五入)、角のオブジェクトなどのテキストや画像フレームです。

D

 ダイレクト選択ツール(A):ときに選択しアンカーポイントの形状又はストロークより柔軟に変換します。

 落下キャップ(文字のフォーマットの制御パネル):ドキャップが印象的なタイポグラフィの効果を拡張したサイズと線-深さの単一又は複数の文字の開始時に特定した。  できる行数の設定および選択の効果は一文字以上の文字です。

E

 効果オブジェクト>影響:適用でき数効果オブジェクトなどのテキストフレーム画像や形状などを勾配の羽のように調節の透明性または追加の下落の影します。

 楕円形ツール(L):このメニューを使用して作ellipsicalや循環を抑シフトのフレームに適した色るようになっています。

楕円フレームツールをパネル>矩形フレームツールのドロップダウンメニュー:このメニューを使用して作成する楕円形や円形(抑シフトのフレームレートを映像です。

消去ツール(工具パネル>鉛筆ツールのドロップダウンメニューを消不要な部分のパスを消去します。 できません-消去経路をしている型に変換されたパス("T"は、下記ます。

 輸出ファイル>エクスポート):このオプションを輸出おInDesignの文書のPDF(印刷インタラクティブ)として、画像ファイル(例えば、EPS、PNG、JPEG、HTMLまたは他の多くの形式です。

 グレーバランスツール(I):Hover、グレーバランスツールに渡色のリクエストの文書など、一部画像は、お迎えにおけるヘテロクロマチンの色でその後に追加お見本パネルです。

F

 見開きページ(ファイル>新規ドキュメント>チェックページ)に比べその他のデザインソフトウェアのように、Photoshop、Illustrator、InDesignの作成を容易にするデザインの印刷レイアウト例図書、雑誌、リーフレットです。  チェックページが作が始まる単右のページを持つページの向きが広がります。

Fill(X):設定の色を塗りオブジェクトなどのフレーム、またはテキストです。  ように設定することもできますこれからの見本パネルの文字のフォーマットの制御パネルです。

 フィッティング(オブジェクト>継手):InDesign置などのコンテンツでは、画像上の位置付けフレーム内です。  使用フィッティングオプションと述の範囲の可視コンテンツ内のフレームです。  だかを選択し、記入の上フレームに比例は、通常の安全なオプションです。

 無変換ツール(E):このメニューを使用して手動で回転(R)オブジェクト('O'、下記ます。

G

ギャップツール(U):さまざまなガラスの間に、周りのオブジェクト。 参照ガビンセルビーのQuick tipのための詳細情報です。

グリフ(ウインドウ>タイプ&テーブル>グリフ):ビューのすべてのグリフの記号せたの選択した揺るぎないコミットメントです。  示することもでき用することが一般化しており、各グリフの新たなグリフのセットをドロップダウンメニューのグリフのパネルです。

 勾配羽ツール(Shift-G)このメニューを使用して柔らかくなり、勾配の効果を適用するオブジェクト('O')です。

 勾配のスウォッチツール(G)このメニューを使用して適用する簡単な勾配の効果オブジェクト('O')または変更既存の勾配をします。

 グリッドビュー>エキストラ>ショーのベースライングリッド/書類のグリッド):ベースライングリッドを配列させるために使用されるカラムのテキストが可視の文書ではなく、台紙ます。  文書のグリッドを配列させるために使用されるオブジェやートをよろしくお願いします全体を台紙('P')です。 編集できるグリッド用グリッドの設定編集>環境設定">グリッド[Windows]InDesign>設定>グリッド[Mac])です。

 グループ(オブジェクト>グループ/Ungroup):グループ化物、フレームおよび/またはその他の要素とは適用による影響グループの設定項目を同時にやるだけでグループアイテムが便利です。

 ガイド(レイアウト>掲載されましたので、是非ご一読を---または手動でドラッグからの支配者)を使用ガイドを非公式ガイドラインを配置するためのコンテンツが広がります。 例えば、と思った部屋から退室しなければならないので、背のブックカバーは、このように達成用ガイドの上からマーキングヒカラム幅です。  詳しい利用ガイドの支配者('R'は、下記ます。

H

 ハンドツール(H):使用のツールにツールパネルの"グラブの文書およびナビゲートでは、より柔軟かつ全体に広がりまたはページをめくる事が可能です。

Hyphenate(文字のフォーマット制御、段落のフォーマットの制御パネル)をチェックするHyphenateオプションをご型のカーソル座与えられた項の規定する言葉で休憩を挟ます。

 I

 情報(ウインドウ>詳細情報):オープンに情報をパネルにより詳細に表示させる文字数の言葉線項をお書きします。

 趣旨(File>に新規ドキュメント>趣旨)に設定できるの趣旨は、InDesignの文書の印刷、Webデスクトップサイトやデジタル出版のための設計のためのタブレット、スマートフォンや電子書籍を読ます。  選択できる特定のオプションからのページのサイズのドロップダウンメニューです。

J

 Join(オブジェクト>進路>参加したことにイラストレーターで利用できますJoinオプションが一二ストロークとして単一形状又はストロークの防止その他unsightlyに重なりのストロークは見えます。

K

 カーニング(文字のフォーマットの制御パネルでき減少又は増加のカーニング、スペースの間には、個々の文字は、このオプションを使用します。

 L

 言語設定言語での項の規定のフォーマットの制御パネルの右端):言語設定を変更してもこのメニューのデフォルトの辞書使用によるInDesignます。 に影響を及ぼしう言葉が自動的に破損によるリビューションです。

 層(ウインドウ>層)ではレイヤーを作り異なる要素をドロックのため、それぞれの層は現在編集されています。 例えば、分離すだけでなく文字や画像の要素にレイヤーができる各項目や編集できるようになります。 詳細についての層パネルです。

 ラインツール\):オンラインツールを作成し、シングルストロークを編集することができ用のストロークパネル(ウインドウ>ストロークは、'S'ます。 Shiftキーとしてドラッグのための直垂直または水平線ます。

リンク元のウィンドウ]>[リンク):画像の埋め込みは行われませんInDesignの文書がリンクです。  のソフトウェアの作成"リンク"のID文書や画像のファイルをフォルダです。 の飛行前のパネル(ウインドウ>出力>飛行前は、'P'は、下記までアラートする前に輸出する場合のリンクが欠損している。 で利用できますRelinkのアイコンをリンクパネルへの移転に関連するファイルです。

 液体のレイアウト(ウインドウ>タ>液体のレイアウトできる柔軟に調整してコンテンツを異なるページのサイズです。 チェックマーティンPerhiniakのビデオチュートリアルのための液体のレイアウトInDesignです。

 ロックオブジェクト>ロック選択任意の要素は、ページを残していただければ幸いロック(問い合わせありがとうございま)は、このオプションを選択します。  これはしたくない場合に誤っての移動要素のページにありながら編集、地下鉄からも近くて便利。

M

 マージン(レイアウト>マージンおよびカラム...):定義するマージンの文書は、新しいウィンドウで、以降のレイアウトメニュー(ご注意:すべて選択をしたいページを調整するマージンのレイアウトメニューをクリックすることにより、当該ページのアイコンのページパネル)。

 マーカー(タイプ文字を特殊文字>マーカー):に変換することができます簡単なテキストフレームダイナミックなページ番号や章のマーカーをマーカーのメニューです。  便利な先端には小さなテキストフレームマスターページ(s)を挿入し、ページ番号のマーカーであり、そのすべてのページで表示しているマスターを適用しています。

 マスターのページ(トップページパネル"ウィンドウ>ページ]):マスターは簡単な方法で管理しな書類と共通の特徴を全ページ(ページ番号は、ヘッダFooters、背景色画像など)です。  デフォルトのシングルページマスター("A-Master')が表示されるページパネルを作成する場合は新しいドキュメントです。  を追加できます師匠からのドロップダウンメニューのページパネルのチェック新しいマスター...でき、その後ドラッグマのページの下のアイコンをクリックします。

測定ツール(K)での測定ツールの計算との距離を任意のポイントをお書きします。 距離の値が表示される情報パネル('I'ます。

ミニ橋(ウインドウ>ミニ橋):ミニ橋は管理できる画像の効率を落としてInDesignが簡単になります。 方法の詳細については管理での画像のミニ橋があります。

N


 ネストスタイル(見にドロップダウンメニューの右端のアプリケーションバー>ドキャップ、および入れ子のスタイル):適用できるネストしたスタイルをテキストの段落の先頭に、入れ子線のスタイルが一つ以上のラインも一段落します。 チェックシェリル-グラハムの迅速ットメーカーです。

 注ツール(工具パネル>第四部下への注ツールマークを出したいテキストを一時的に透明度が高くなります。  のノーパネル(クリックのシンボル注を用いて表示されるご注のタイプ選択されたツール)の見直しおよびオプションのreinsertingます。

 番&第オプション(レイアウト>番&第オプションを見ると、どこにでもあるとより長い文書をInDesignなどの書籍は、だいたい分けの文書の次のセクションとその定義の異なるページ番号のオプションの異なるセクションです。 開番&第オプション]ウィンドウを調整します。

O

 オブジェクト参照オブジェクトドロップダウンメニューのトップメニュー):オブジェクトは任意の要素は、ページを直接編集できるようにデザイナーです。  例えば、このテキストフレームまたは画像フレームです。  を参照このメニューに適用の影響、編集、パス、ロック/グループ/Ungroupです。

 光率のアライメントストーリーパネルのウィンドウ>タイプ&テーブル>):チェックインの光証拠金の配置を少しシフトなどのテキスト文字、句読点は、学内外のテキストフレームの境を清浄機ラインに対する証拠金です。

 墨ノ(ビュー>印刷プレビュー):使用している場合は、スポットの色をおInDesignの文書で、アイデアしだいで素晴らしいチェックの印刷プレビューをより正確にどのようなお色('C'のとき)までを実際に印刷します。

P

 パッケージ(ファイル>コマンドを実行してパッケージが---)の場合は送信おInDesignの文書は、他人に別のコンピュータまたは単なる練習として良い練習のための独自のファイルは、常にまずパッケージ文書をお客さま人数小児-幼児に仕上げ編集します。  ことのすべての画像ファイルフォントとオプションの印刷指示の一手軽なフォルダです。

 ページパネル(ウインドウ>ページ:移動書類のページパネルです。 を、追加、削除、または重複したページを参考にしてアイコンの下のパネルです。 散策についての詳ページ番号とガビンセルビーのQuick Tipです。

 ページツール(Shift-P)のページツールを変更することができます。ページサイズおよびレイアウトの個別のページの文書響する事なくその他のページです。  チガビンセルビー"のページツールです。

 項の規定パネル(ウインドウ>タイプ&テーブル>条)は、プラスドロップダウンメニュー項、作曲家のオプション:形式の個別の項を用のオプションは、このメニューは、編集できるアライメント、リビューションは、インデント、落下キャップなどです。

項の規定のフォーマットコントロール(のトップアプリケーションバー):このメニューで使用時のタイプツールです。 アイコンをクリック下記の"A"-シンボルの左のパネルです。

ペーストを編集->貼り付け/貼り付け場所):自己説明が貼り付けできる非常に有用なオプションを行なコンテンツページです。 チェック貼り付け場所にしたい場合は保元の位置にフレームです。  を避ける画像を貼り付ける他のプログラムは、これませんリンクを参照'L'は、上記ます。

台紙(観>全体を台紙):台紙の全面をInDesignの文書のスペースを落と非印刷コンテンツです。 使い方については、artboard保つための要素にありがとうご使用しないでく編集します。

 ペンツール(P):この機能と同じようにイラストレーターのペンツールです。  を作成し、追加又は削除アンカーポイントを使って線をドロップダウンのオプションのツールパネルです。

鉛筆ツール(N)として、より多くの柔軟性を流体との有機的な形です。 押ラーを数多くのアンカーポイントです。

 (ファイル>。): しなければなりません場所の画像から、InDesignの文書ではなく開貼り付けます。  このファイルがリンクを参照'L'は、上記ます。 イメージのフレームご希望のサイズに行く前に所定の位置に収まります。

 ポリゴン-ツールをパネル>の下での長方形ツールでドロップダウンメニュー:このメニューを使用して作成6-両面ポリゴンの形状に適したカラーまたはテキストです。

ポリゴンフレームツールをパネル>矩形フレームツールのドロップダウンメニューとして上記のものをイメージです。

飛行前(ウインドウ>出力>飛行前):InDesignを促すための飛行前の確認お客様の文書に誤りがな)を輸出または包装します。 学生の飛行前ます。

プロファイル("編集"メニューに割り当てプロファイル.../のように変換するプロフィール): きのカラープロファイルの文書(RGBいはCMYKのオプション)はこちらから。

Q

迅速に適用(編集>早用できる選択リストから一般に用いられる機能などの基本項の規定スタイルは、各章番号などです。 をクリックマウスです。

R

長方形ツール(M):この作フレームに適した色、および/またはテキストです。 開催へのシフトを作成し完璧なエアがあります。

矩形フレームツール(F)として上記のものを画像です。

Relink(下のリンクパネル"ウィンドウ>リンク】又は、停止をクリックRelinkすべてのク):時に画像ファイルが移動または名前の変更を促InDesign flash upエラーと警告の飛行前ます。 利用のRelinkのアイコンをリンクパネルの検索に失われたファイルです。

 に戻すファイル(File>に戻ります。に戻り前に保存版のInDesignの文書です。

回転普及(ビュー>回転の場合):改変の指定ページ/広がります。 回転させることができ、フル180°または90°CWまたはCCWます。

回転ツール(R)選択変数:選択したオブジェクト、回転させて手動でこのツールを使用します。

支配者(ビュー>ショー定規):支配者群の上部左側のウィンドウです。 できるドラッグガイドとして、マークされています。

S

 規模のツール:このメニューを使用してスケールオブジェクトのXまたはY軸たりするかもしれません。

ハサミ(C):このメニューを使用して分割形状は、パスフレームです。

 画面モード(ビュー>クリーンモード):を追加することができます。'W'キーを切り替えることには主に二つのモードは、通常、プレビューです。 しなければなりませんを編集するのが通常モードになります。

選択ツール(V、エスケープ):ドラッグの選択ツールの全要素を文書を選択します。

分離(ウインドウ>出力>分離プレビュー:ツール使用の前にPreflightingを輸出するためのファイルを印刷します。  選択分離からのドロップダウンメニュー全ての色の使用にお書きします。 ここに定できるスポット迷彩などです。 またスイッチを切り、視認性の個々の色をチェック色overprintsおよびノックアウトは正しく働いています。

 せん断ツール(O):このスキューオブジェクトが水平方向に作成した幻の3D。

スラッグ(File>に新規ドキュメント>ブリード、スラグ)のスラグのエリア外のページをブリードます。  この場所を挿入するための印刷指示、登録情報もない、最終印刷された文書です。

 滑らかなツールをパネル>鉛筆ツールのドロップダウンメニューをドラッグすると、以下のような滑らかなツールに沿ってのパスを円滑にし、線の除去、不必要なアンカーポイントです。

 (ウィンドウ]>[タイプ&テーブル>):物語をパネルから光率の配置をチェックボックス('O'ます。

ストローク(ウインドウ>ストローク):オープンのストロークパネルにアクセスをよりフォーマット制御影響の線路です。  設定でき、重量、種類ともに外観は、開始および/または行の末尾にどの矢印です。

スタイル(ウインドウ>スタイル)を設定できるスタイル"のフォーマットルール)項は、文字オブジェは、細胞表します。  彼らはよりよく理解できるように、今後の昇降フォーマットの適用通して長い文書を、所要時間付きのスクリーンセーバーです! チェックシェリル-グラハムの素早い先端を段落の書式です。 こともできない使用メーカーです。

見本帳(ウインドウ>Color>見本帳):見本パネルを作成できるチ色の濃度勾配や、濃淡を適用します。  で重要な見本帳として振る舞う項の規定および文字のスタイルは、他の編集まるスウォッチよりすべての要素オブジェクトにしているスウォッチを適用しています。

T

 テーブル(参照テーブルのメインメニュー>挿入テーブルやウィンドウの種類やテーブル>テーブルのテーブルのパネル)できるテーブルを作成するメインメニューから、形式などの特徴を数桁/行、高さと幅の細胞はめ込みのテーブルパネルです。 保存することも可能ですこれらのフォーマットとして細胞およびテーブルのスタイル(ウインドウ>スタイル>セルスタイル/テーブルのスタイル)です。

テキストレビュー>エキストラ>テキストのスレッドのテキストのスレッドの接続とテキストフレームのフローのテキストです。  を作成できテキストのスレッドをクリックすると、右下のコーナーのテキストフレームボタンを押すと、再び第二のテキストフレームです。 散策ガビンセルビークの先端部にスレッドです。

 テキストラップ(ウインドウ>テキストラップできwrapテキストの周りを使って、オブジェクトのテキストラップパネルです。 チェックマーティンPerhiniakの有用なチュートリアルです。

トラッキング(文字のフォーマットの制御パネル):トラッキングを低減増の間のスペース文字ブロック全体のテキストです。

Transform(オブジェクト>変換またはCmdをクリックし[Mac]/右クリックし[PC]>Transform)に変換オプションInDesignするビットの自由度の位置および外観のオブジェクトです。 きの回転、反転、移動、スケール、またはせん断するオブジェクトです。

 タイプツール(T):タイプを使用ツールをテキストフレームボタンをクリックするだけドラッグ)を挿入するためのテキストをクリックしば既存のフレーム形状に変換するテキストフレームです。

 タイプは、パスツール(シフト-T)のタプルのパスツールを利用することで柔軟に適用テキスト形のパスあるいはオブジェクトです。 でマウスなどのテキストの開始をクリックします。

U

 単位単位(InDesign>設定>単位単位でレッスン:セットお好みの測定単位。  ミリ単位での業界標準の印刷が、ピクセルを使用するWeb/デジタルデザインです。  設定の趣旨('I'は、上記の文書もこの設定を行い始める前に作品です。

V

 変数(タイプ>テキスト変数:テキスト変数の画面で複数のプリセットテキスト変数を挿入することができます。に文書です。  の変数により変更コンテキストをなどの各章番号またはページ番号です。 これらの変数を編集することができ、自分で作ることができます。

W

 ワークスペース(ウインドウ>ワークスペースも見右上のアプリケーションバーのワークスペースを定義するInDesignパネルの大きな画面です。 '?'がデフォルトのオプションでリセットからドロップダウンメニューです。  を構築することが可能ですーションはリアルタイムサウンドワークスペースの使用による選考に関するワークスペースから---、ドロップダウンメニューです。

X

XMLファイル(File>Import XML...):XML(Extensible Markup Language)をどのような翻訳ツールのためのデータです。  InDesignで作XMLファイル、またタグのコンテンツをごInDesignファイルに保存し、輸出してXMLファイルの使用を別のアプリケーションです。 の構造パネル(ビュー>構造に関する情報を表示輸入XMLデータです。

 Z

ズームツール(Z)/マニュアルズームイン、ズームキーボードショートカットが本当の方法として大変有益なもので航行上のページや広がり、体の使い方をよくすれば、InDesignすキーワードで検索します。

Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Looking for something to help kick start your next project?
Envato Market has a range of items for sale to help get you started.