Students Save 30%! Learn & create with unlimited courses & creative assets Students Save 30%! Save Now
Advertisement
  1. Design & Illustration
  2. Roundups
Design

Adobe IllustratorのA から Z

by
Length:LongLanguages:
This post is part of a series called A to Z Design Software.
The A to Z of Adobe InDesign
The A to Z of Pixelmator
This post is part of a series called Learn Adobe Illustrator.
Hand Lettering: How to Vector Your Letterforms

Japanese (日本語) translation by Hakima Madani (you can also view the original English article)

Adobe Illustrator のツールバーは、便利なツールが満載ですあなたは、100万回を使用している可能性があります。 または完全にあなたに慣れていないされることがあります。 多数のパネルと影響、そしてこのプログラムはほとんどの任意のタイプのアートワークを作成できますに追加します。 この A – Z リストは Tuts + またはの各ツールが何を行うことができます説明に簡単なヒントをここへのリンクをイラストレーターのツールバーの各ツールに分解します。


A

Appearance

Actions Panel:ユーザーがボタンをクリックするだけで一連の設定タスクを実行できるパネル。

Add Anchor Point Tool(+):このツールは既存のパスにアンカーポイントを追加し、パスの形状、曲線、角度をより細かく制御できるようにします。

Align Panel(Shift + F7):選択したオブジェクトをさまざまな方法で整列するためのパネル。

Appearance Panel (Shift-F6): だけでなくすべての属性をオブジェクトが、追加または編集にも使用できますの追跡パネル属性は言った。

Arc: オブジェクトまたはパスの円弧を制御するワープ効果。

Arch: アーチ型形状の制御オブジェクトまたはパスのワープ効果。 Arcと同様に、アーチのワープ効果静止側エッジを維持しながらオブジェクトを上下の中心を曲線します。

Arc Lower: ワープ効果オブジェクトの下端の曲線と全体の水平方向または垂直方向の歪みを可能します。

Arc Tool: 直線セグメントまたは多角形を描画する簡単に開いたり閉じたり円弧するようにユーザーをことができます。 円弧のサイズや斜面などのオプションが可能です。

Arc Upper: オブジェクトの上端のカーブ、全体の水平方向または垂直方向の歪みは、ワープ効果。

Area Graph Tool: 特定の領域のサイズに準拠してグラフを作る場合に役立つツールです。 長方形の形態では、領域の高さと幅、グラフ データにユーザーが指定できます。

Area Type Tool: では、アートボード上の正方形、四角形、または様々 な路線に限定されるのではなく、オブジェクトの境界に準拠した閉じたパス内を入力することができます。

Artboard:ベクトルアート用に定義された領域。Artboard Tool編集できます。 ナビゲーター パネルの表示可能領域は。

Artboard Tool (Shift-O): は、そのアートボードの寸法を編集または追加のアートボードを作成するユーザーをできます。

Attributes (Control-F11): パネルのオプションが互いの上に印刷の色で色抜きを防ぐ、オーバープリントの使用のそれらを引き起こしているが透明に見えます。 暗い色をオーバープリントするものを示すに便利で場合は、線や常時表示する暗い黒人。


B

Blend

Bar Graph Tool: は、水平のバーを使用して入力データを比較のグラフを作成します。

Blend Tool (W): 選択したオブジェクトの色や形状を含む間経過のモーフを作成する便利なツールです。

Bloat Tool: 楽しいユーザーが迅速に展開/膨張オブジェクト アンカー点カーソルからを移動することによってできるようにするツール。 膨張ツールのオプションでは、ブラシのサイズ、肥大化寸法を調整できます。

Blob Brush Tool (Shift-B): ブラシのような行為が、閉鎖を作成する描画ツールは、ストロークではなくパスを満ちています。

Brushes Panel (F5): ストロークのパスに様々 なスタイルを追加する一般的に使用されるパネル。 (装飾的、芸術的、等)、各種のスタイルで新しいブラシを作成、既存のブラシを編集、ブラシのダウンロード ライブラリを通過、および一方であなたがそれを必要なときにそれはようにあなたのプリセット ブラシのギャラリーを設定することができます。

Bulge: オブジェクトの上部と下部のエッジ外側または内側をカーブするワープ効果。


C

Color

Character Panel: このパネルは、テキストの文字属性を制御します。

Character Styles: 選択したテキストに適用されている属性を制御するパネル。 作成、編集、またはパネル内でそのスタイルを削除します。

Color Guide (Shift-3): 色の理論とインスピレーションのパネル。 色合い、濃淡、および選択した色のカラー ハーモニーを分解します。

Color Panel (F6): 上見ると、このパネルは、スライダー、16 進コード、RGB ・ CMYK、あなたの塗りまたは線の色を制御します。

Column Graph Tool (J): 縦棒グラフを作成するツールです。 ユーザーは、グラフの値と全体のサイズを操作できます。

Convert Anchor Point Tool (Shift-C): ユーザーのコーナーにアンカー ポイントを変更したり、アンカーとの相互作用が発生する方法をユーザーのより大きい制御を可能にするため、それらを切り上げることができるツールです。

CSS Properties: を使用して、生成、エクスポート、および選択した要素の CSS コードを表示することができます。

Crop: パスファインダー機能 (多くの場合ベクトルの破壊的な) 図形内の選択した要素のトリミングに使用します。

Crop Marks: 適用されますトンボを選択したオブジェクトにします。 印刷のための指針として使用されます。

Crystallize Tool: ゆがみツールの 1 つ、それを追加しますスパイク、ランダムにカーソルをドラッグしている何らかのオブジェクトのアウトラインに。


D

Divide

Delete Anchor Point Tool (-): このツールでは、ユーザーは、コンポーネントを簡素化からパスまたは図形またはパス内のポイントの量を減らすためにアンカーを置き換えることができますので、どちらか開いたり閉じたり、パス上のアンカー ポイントを削除するユーザーをことができます。

Direct Selection Tool (A): 特定のアンカー ポイントと、指定したパスまたはオブジェクト内のハンドルを選択するではなく便利なツール。 特に全体の形状に影響を与えずに、グループまたは複合シェイプの 1 つのコンポーネントを操作するために便利です。

Divide: 個々 のオブジェクトにオブジェクトの選択および重複コンポーネントを分割するパスファインダー機能。

Document Info Panel: カラーモード、定規の単位、アートボードのサイズを含む、ドキュメントの情報を格納しているパネル。 可能性がありますまたは可能性があります作成していないドキュメントに関する情報をすばやく取得するために便利です。

Drop Shadow: ぼやけた影、選択したベクトル オブジェクトの背後のラスター エレメントを追加する定型化された効果。


E

Ellipse

Ellipse (effect): 選択したオブジェクトを楕円に変換する図形の効果。 サイズと楕円の全体的な丸みは、この効果が選択されているときに表示される対話パネルによって決定されます。

Ellipse Tool (L): 一般的なシェイプ。 円と楕円を作成します。

Eraser Tool (Shift-E): いずれかのオブジェクトを消去する描画ツールあなたまでカーソルをドラッグします。

Exclude: 2 つの重なり合うと選択したオブジェクトの交差する図形を削除するパスファインダー機能。

Extrude & Bevel: 3 D ベクトル効果その 3 D 対応にフラットなオブジェクトを変換します。

Eyedropper Tool (I): ユーザー オブジェクトの色、アピアランス属性、効果、または種類、サンプルし、他の場所でその選択を適用することができます素晴らしいツールです。


F

Flare

Feather: オブジェクトのエッジをソフトなぼかし効果を作成する様式化効果。 ユーザーは、使用可能なオプションとぼかしのサイズを調整できます。

Fish: 効果のオプションによって決定されます魚のような形にオブジェクトを squishes ワープ効果。

Fisheye: ワープ効果弯魚眼レンズ カメラのレンズのような選択したオブジェクト。

Flag: オブジェクト フラグのような質を与えるワープ効果。 効果と同様です。

Flare Tool: ひねり、図形ツールのいずれか。 このツールは、アートワーク内でレンズ フレア エフェクトを作成します。

Flattener Preview: 平坦化によって影響されるアートワークをプレビューすることができますしているパネル。 以前のバージョンの Illustrator や他のアプリケーション ファイルを保存するために便利です。

Free Distort: オブジェクトのパス内の他のユーザーに影響を与えずに、アンカー ポイントを自由に傾斜によって選択したオブジェクトを変形することができます変換効果。

Free Transform Tool (E): 拡大縮小、傾斜、または選択した要素を回転するシンプルなツールです。


G

Gradient

Glyphs: このパネルには、ドキュメントに挿入することができます、代替グリフを含むフォント文字のセットが含まれています。

Gradient Panel (Control-F9): グラデーション ツールに対応するパネル。 グラデーションの種類、角度、不透明度、場所などグラデーションのオプションで遊ぶユーザーことができます。

Gradient Tool (B): は、グラデーション パネルと組み合わせて使用多くの場合、このツールは図形を編集できますサイズ、およびグラデーションのブレンド。

Graphic Styles Panel (Shift-F5): ユーザーが作成し、アピアランス属性を編集することができるパネルです。

Group Selection Tool: 選択ツールのいずれか、このツールにより、複数のオブジェクトとグループ内のグループの選択のため。


H

Hand

Hand Tool (H): このツールでは、アートボードを取得し、アプリケーション ウィンドウを移動ユーザーをことができます。 あなたの作品にズームイン ズーム アウトせずに別の領域に移動やデザインの詳細を確認したい場合に最適です。


I

Inflate

Image Trace: ユーザーはベクター オブジェクトに後変換のためのパネルのオプション内のビットマップ イメージをトレースできます。

Inflate: ワープ効果作成するエフェクトの選択したオプションに従って外側 (または内側) に息を切らし、オブジェクトのエッジを越えてカーブを曲げします。

Info Panel: カーソルが文書、選択した塗りつぶしの色内にあるについて説明しているパネル。

Inner Glow: 内側にぼやけてグローを追加するラスタライズ効果オブジェクトのエッジ。

Intersect: パスファインダー関数 2 つまたは複数の選択したオブジェクトの重なりのないコンポーネントを削除します。


J

Join

Join (Control-J): クローズド パスを作成するパスの 2 つの端を接続します。 オープン パスを持つオブジェクトがある場合に特に便利です。


K

Kuler

Knife ToolAltキー(PC)またはOptionキー(Mac)を押しながら、曲線または直線パスでオブジェクトをカットするためのツール

Kuler Panel: カスタマイズされたパレットを格納する Adobe の Kuler アプリケーションことができますに接続する気の利いたパネル。


L

LivePaint

Layers Panel (F7): パネルを作成、することができます編集、および、ドキュメント内のレイヤーを削除します。

Line Graph Tool: 値を操作することができます、値の特定のセットにそれらを接続する線分の点でグラフを作成するツール。

Line Segment Tool (\): このツールは、ストローク属性、その他のツール、およびその他の効果で操作できる直線を描画するユーザーをできます。

Links Panel: このパネルは、追跡のすべての他のファイルからドキュメントにリンクされている要素。

Live Paint Bucket (K): おしゃれなツール選択した閉じたパスにフラットな色を追加するために使用します。 それとオブジェクト自体を塗りつぶすことがなく、面またはオブジェクトのエッジをペイントできます。

Live Paint Selection Tool (Shift-L): ある程度選択部分を変更するのにことができますライブ ペイント グループの面とエッジを選択するのにこのツールを使用できます。


M

Mesh

Magic Wand: Magic Wand Toolの設定を制御するパネル。

Magic Wand Tool (Y): ユーザー オブジェクト、パス等と同様の属性を選択することができます。 緑または 1 つで特定のストローク スタイルにすべてのピンクのオブジェクトを変更するときのための素晴らしいツールです。

Measure Tool: この 1 つは簡単です。 2 つのポイント間の距離を測定します。 あなたの「どこへ行く、何かを測定」事実上の支配者のようです。

Mergeパスファインダパネルの結合と似ていますが、重なっているオブジェクトの属性を完全に引き継ぐ代わりに、重なっているオブジェクトをマージするパスファインダ関数

Mesh Tool (U): は、ベクトル オブジェクトをメッシュ オブジェクトになります。

Minus Back: マイナス パスファインダーを削除する関数その重なり合った交差した相手の背後にあるオブジェクトの交差部分。


N

Navigator

Navigator Panel: ワークスペース全体とその中にズームインする領域を参照してくださいすることができます。


O

OuterGlow

Offset Path: は、オブジェクトのパス自体を変更することがなく継ぎ、丸い、またはベベル スタイルで、指定したサイズで、外側のパスを展開します。 小さくより少ないファイル スペースを占めて、画像平面での知覚のサイズを拡大しながらオブジェクトを維持するために役立ちます。

OpenType: このパネルは使用して OpenType フォントは、フォント ファイル内で追加のグリフと属性を持っています。 巻きひげを追加、番号を分数に変更する、文書内のテキストをカスタマイズするのには、パネル内の序数などを追加することができます。

Outer Glow: オブジェクトの外側のエッジにぼやけてグローを追加するラスター効果。

Outline: 重複からアウトラインを作成パスファインダー効果は、オブジェクトを撫でた。

Outline Object:タイプPathなど、オブジェクトを編集可能な状態に保ちながら、オブジェクトをタイプパスに対してオブジェクトの境界に揃えられるようにするパス効果。

Outline Stroke:指定したPathのストロークを、ストロークではなく塗りつぶしであるかのように扱うパスエフェクトです。 別の効果と結合したときに最も効果的に使用されます。


P

PenTool

Paintbrush Tool (B): フリーハンド描画ツール ストロークが適用されたパスにさまざまなカリグラフィ属性とブラシのスタイルを適用します。

Paragraphs: このパネルは、選択したタイプのドキュメント内に配置の段落設定を制御します。 段落の配置、インデント、およびパネルのオプションの詳細をカスタマイズすることができます。

Paragraph Styles: このパネルは、ドキュメント内の段落の特性を制御します。 Character Stylesと同様に、段落パネルから個別に設定するのではなく、大きなテキスト本文に適用する属性を変更できます。

Path Eraser Tool: パスとオブジェクトからポイントを消去する描画ツール、多くの場合それを残して開きます。

Pathfinder Panel (Shift-Control-F9):重なっているオブジェクトを結合結合分割減算するためによく使われるパネル

Pattern Options: パターンを編集作成するための便利なパネル。

Pencil Tool (N): 作成およびフリーハンドの線を編集するためのツールです。 様々 なブラシやストロークの属性は、さまざまなスタイルでの線に適用できます。 brush toolとは異なり、サイズや形のバリエーションはそれを使用して描画している間は設定できません(タブレットの筆圧など)。

Pen Tool (P): アンカー ポイントを作成し、直線または曲線を描画することができます描画ツール。

Perspective Grid Tool (Shift-P): グリッドの視点から描くのガイドラインとして使用します。

Perspective Selection Tool (Shift-V)Perspective Gridの使用と組み合わせて、オブジェクトなどをパースペクティブにして、オブジェクトをそのパースペクティブ内に保ちながら、作成したグリッドと対話できるツール

Pie Graph Tool: 入力データから円形のグラフを作成するグラフ作成ツールです。

Polar Grid Tool: 円形グリッドを描画するツールです。 カスタマイズできるグリッドには、全体的なサイズ、いっぱいの仕切り (同心円と半径方向)、セクション、および循環パスが化合物、または分割オブジェクトのままかどうかが備わっています。

Polygon Tool: 任意のサイズの 3 つまたは複数の辺の多角形を作成する図形ツールです。

Print Tiling Tool: アートワークが印刷ページの表示を調整することができるツールです。

Pucker & Bloat: センター (Pucker) の方の端をカーブまたはすべての中に (Bloat) 所プッシュでオブジェクトを変換するディストーション エフェクトは、場所でアンカー ポイントを維持します。

Pucker Tool: に向かってオブジェクトをしぼませることにより、カーソルのオブジェクト内部のコントロール ポイントをもたらすツールです。 このツールには、Bloatツールの反対の効果があります。


Q

Lasso

Lasso Tool (Q): は、どんな形でもそれを使って描画するオブジェクトのアンカー ポイントを選択します。


R

RoundedRectangle

Radar Graph Tool: 情報を表示するグラフ ツール (値のセットを比較する特定の時点で) 循環形式、web グラフとして知られています。 Pie Graphと混同しないでください。

Rasterize: 変換ベクター rastered 画像にする効果。 別のプログラムにインポートするためのアートワークの準備によく使用されます。

Rectangle (Effect): 選択したオブジェクトを四角形に変換する図形の効果。 四角形のサイズは、この効果が選択されているときに表示される対話パネルによって決定されます。

Rectangular Grid Tool: 入力数と列と行のサイズのグリッドになります。

Rectangle Tool (M): 単に任意のサイズの四角形を作成する図形ツールです。

Reflect Tool (O): ツール指定された軸上の選択したオブジェクトを反転させます。

Reshape Tool: このツールは、ユーザーがパスの詳細を乱すことがなくオブジェクトやパスの選択したアンカー ポイントを調整できます。

Revolve: 3 D ツール円形の方向にパスを次元を移動します。

Rise: エフェクトの選択したオプションに応じてオブジェクトの一方の端をもたらすワープ効果。

Rotate Tool (R): ユーザー オブジェクトを任意の角度を回転させることができるツールです。

Roughen: ディストーション エフェクト オブジェクトの大まかな、大ざっぱなエッジを与える。

Round Corners: それを適用するオブジェクトのコーナーをカーブする効果。 コーナーの半径は、効果のダイアログ ボックスで選択したオプションによって決まります。

Rounded Rectangle (Effect): 角丸長方形に選択されたオブジェクトを変換する図形の効果。 サイズおよび隅の半径は、エフェクトを適用するときにポップアップ ダイアログ パネルで選択したオプションによって決まります。

Rounded Rectangle ToolRectangle Toolと同様に、このツールはユーザーが半径を指定した角の丸い四角形を作成します。


S

ShapeBuilder

Scale Tool (S): 固定または指定されたポイントに合わせてオブジェクトのサイズを変更するツール。 素晴らしく便利な品質またはベクトルの詳細を失うことがなく大きくまたは小さくオブジェクトを作ることに熱心かどうか。

Scallop Tool: を追加するツール、曲線またはオブジェクトの内側の部分を湾曲して新しい曲線間のポイントを作成するランダムに選択したオブジェクトの詳細を指摘します。 このツールは、結晶化ツールとは逆の効果があります。

Scatter Graph Tool: ポイントのみを使用してデータのコレクションと 1 つの別の変数の関係を表示するグラフ スタイル。 (人の年齢と体重とこれらの変数がどのように他の人と比較) など個人に関連する情報のセットを表示するために便利です。

Scissors Tool (C): ナイフ ツールと同様に、この 1 つを切り取ってパスまたはフレーム線上の時点。

Scribble: は、オブジェクトの面にスケッチ効果を追加します。

Selection Tool (V): 多分最もよく使われるツールの 1 つ、それはカスタマイズ、窓の周りに移動すると、操作するオブジェクトを選択するユーザーをできます。

Separations Preview: イラストレーター CS4、色校正を印刷するためにファイルをエクスポートする前にプレビューすることができますこのパネルで紹介。 特に CMYK 専用プリンター、スクリーン印刷、およびグラデーションはちょうど良い時にサード パーティによって印刷またはプログラムの以前のバージョンへのファイルのエクスポートになるかどうかを確かめるに便利です。

Shape Builder Tool (Shift-M): マージまたは選択を分離し、しばしば重なり合う図形ツールです。

Shear Tool: このツールは右上がりまたは指定されたポイントに対してオブジェクトを傾けます。 軸またはオブジェクトが剪断角度を指定できます。 幻想的、ベクター内の別のオブジェクトに影を作成する場合に便利です。

Shell: 選択したオブジェクトをユーザーが選択したエフェクトのオプションに従ってシェルのような形にゆがめワープ効果。

Shell Lower: 選択したオブジェクトの下端をシェルのような形にゆがめワープ効果。 Shellシェルアッパーに似ています。

Shell Upper: 選択したオブジェクトの上端をシェルのような形にゆがめワープ効果。 ShellおよびShell Lowerと同様です。

Slice Select Tool: このツールは、操作の図から削除したりするために以前作成したスライスを選択するされます。

Slice Tool (Shift-K): このツールをスライスしたい領域をドラッグして web 画像に画像をカットできます。 ガイドを使用して、スライスをガイドまたはフリーハンドそれあなたの好みに応じて。 最初にイラストレーターに設計 web レイアウトを作成するために便利です。

Smooth Tool: あまりにも多くのアンカー ポイントによって引き起こされる不安定線を滑らかにするパスに沿ってドラッグするツールです。 ツールのオプションパネルの FidelityコントロールとSmoothnessコントロールを使用して、ツールが線にどの程度強く影響するかを変更できます。

Spiral Tool: 時計回りまたは反時計回りの方向にらせんを作成するための描画ツール。

Squeeze: 曲線オブジェクトのエッジの内側のセンター ワープ効果。

Stacked Bar Graph Tool: バー、表示をスタック グラフ作成ツールの入力データ、水平方向に。 比較、グラフ内でさまざまな種類の要素を比較対照に便利です。

Stacked Column Graph Tool: バー、表示をスタック グラフ作成ツールの入力データ、垂直方向に。 Stacked Bar Graphに似ています。

Star Tool: 3 つ以上の点の星を作成する描画ツール。

Stroke Panel: パネル ストロークのオプションと属性が設定されています。

Subtract:重なっているオブジェクトをその下にあるオブジェクトから完全に削除するパスファインダー効果。

SVG Filters: スケーラブルなグラフィック ベクトル効果簡単に拡大/縮小または (これらはラスタライズ効果であった場合は、場合になる) と情報の損失することがなく編集することを可能にする、独立した解像度は、ベクター オブジェクトに適用できます。

SVG Interactivity:、追跡、編集、SVG パネル作成、および文書内で実装されている SVG 効果を削除します。

Swatches Panel: 保存を含むパネル色、グラデーション、およびパターンのスウォッチ。 カラーグラデーション、およびパターンオプションパネルと一緒に使用されることがよくあります。

Symbols Panel (Shift-Control-F11): このパネルのスウォッチ パネルに似ていますが色などを中心に、代わりにシンボルを整理、作成、編集、または削除を含んでいます。

Symbol Screener Tool: ベクター アートワーク内のシンボル インスタンスの透明度を調整することができるツールです。

Symbol Scruncher Tool: このツール選択したシンボル近い一緒に移動をそれらを scrunching します。

Symbol Shifter Tool: このツールは、シンボル インスタンスを移動またはアートワークのレイヤー内のシンボルの重なり順を変更するユーザーをできます。

Symbol Sizer Tool: このツールは、アートワーク内に配置記号のサイズを変更するユーザーをできます。

Symbol Spinner Tool: このツールは、特定の方向に選択したシンボルを回転します。

Symbol Sprayer Tool (Shift-S): このツールは、画像平面の周りのあなたのツールをドラッグする場所に複数のシンボル インスタンスを配置します。

Symbol Stainer Tool: このツールは、シンボルの選択したインスタンスを色付けするユーザーをできます。 シンボルにテナーをクリックすると、色付けに強くなります。

Symbol Styler Tool:このツールは、グラフィックスタイルパネルから選択したスタイルを選択したシンボルインスタンスに適用します。


T

Transform

Tabs:このパネルでは、ユーザーは文書内の段落のタブ位置を設定、編集、または削除できます。

Transform Effect: 1つのパネル内でオブジェクトを複製、拡大縮小、移動、鏡像化、または回転させることができる効果。 余分な点や形をドキュメントに追加しなくても、オブジェクトを何度も複製する必要がある場合に便利です。

Transform Panel (Shift-F8):このパネルには、オブジェクトを変換するための情報が含まれています。 スケール、軸、角度を編集できます。

Transparency (Shift-Control-F10):オブジェクトの不透明度またはブレンドモードを選択したり、不透明度マスクを作成または編集するためのパネル。 オブジェクトを階層化して手動で(または背景に)ブレンドするのに非常に便利です。

Trim重なっているグループやオブジェクトの隠しコンポーネントを削除して、見える部分だけが残るようにするパスファインダー機能。

Tweak:効果のオプションのスライダーに従って、ランダムにシェイプをカーブさせ、歪ませるディストーションエフェクト

Twist:エフェクトのオプションに従って選択したオブジェクトをゆがめるワープエフェクト

Twirl Tool:ツールパネルの液化ツールの1つである回転は、オブジェクトを指定された点に回転させることによってオブジェクトをそれ自体に歪ませます。

Type Tool (T):横型、完全編集可能、および長方形のコンテナを作成する一般的に使用されるツールタイプツール(T):横型、完全編集可能、および長方形のコンテナを作成する一般的に使用されるツール

Type On a Path Tool:このタイプツールは、パスをタイプパスに変更し、ユーザーが任意のパスまたは任意の形状またはサイズにタイプを配置できるようにします。


U

Unite

Unite: 選択したオブジェクトから複合シェイプを作成し、全体的な図形領域に追加します。 Mergeと混同しないでください。Uniteは、複合オブジェクト全体に対して重複オブジェクトの属性を引き継ぎます。 Pathfinderパネルのその他の機能は次のとおりです。

  • Minus Frontでは、前面のオブジェクトと重なるすべてを削除します。
  • Intersect、交差しているオブジェクトの非重複コンポーネントを削除します。
  • Exclude,重なっているオブジェクトの交差したコンポーネントを削除します。
  • 分割トリムマージクロップアウトラインおよびマイナスブラックは、このガイドで説明しているパスファインダー効果メニューの機能でもあります。

V

VerticalType

Variables Panel: データ駆動型グラフィックを作成するパネル。

Vertical Area Type Tool: 縦型コンテナーに閉じたパスまたはオブジェクトを変換する型ツールです。

Vertical Type Tool: A 縦型を作成するツールとコンテナーを入力します。 縦型にする必要があります作成したり日本語の看板などで与えられたスペース内のコンテンツを書き出す場合に特に役立ちます。

Vertical Type On a Path Tool: パス ツールの種類のようなタイプのパスにパスを変更します。 この場合、ただし、型は書き出さ水平ではなく垂直方向に。 特に日本語または多くの場合垂直形式で書き出される他の言語を入力するために便利です。


W

Warp

Wave: 波のような形で選択したオブジェクトを曲げるワープ効果。 波オブジェクトに影響する程度は、この効果を選択するときにポップアップ ダイアログ ボックスのスライダーで決定されます。

Warp Tool (Shift-R): ゆがみツールの 1 つは、ツールバーの [ワープ ツールにより、オブジェクトを操作するユーザー オブジェクト上でツールをドラッグする方向で。 だから新しいアンカー ポイントを作成し、それで成形どちら方法ユーザーの願い、オブジェクトの形状を変更します。

Warp Tool (Shift-R): このツールは、ユーザーが完全に制御される 1 つのストローク内で幅設定のバリエーションを作成するユーザーをことができます。 制作厚いと薄いライン圧力敏感なタブレットのストロークの幅をより細かく制御を使用せず 1 つを使用している場合に特に便利です。

Wrinkle Tool: しわくちゃのフォームにオブジェクトのアウトラインをワープゆがみツールです。


X

ToggleX

XShift-X: ショートカット キーを塗りつぶしとストロークの色を切り替えるし、それぞれ、それらを切り替えます。 ショートカット キーは、このガイド全体でラベル付けされているは、あなたのワークフローをスピードアップし、パネルやメニューから実行する代わりにベクター グラフィックスを作成するのに焦点を維持する Adobe Illustrator での作業非常に役立ちます。


Y

PreviewMode

Preview Mode (Control-Y): では、ドキュメントのアウトラインとプレビュー モードを切り替えることができます。 プレビュー モード、イラストレーター、ドキュメントの既定のビューで表示する効果、属性付きフルカラーのアートワークなど内のオブジェクトに適用されています。 アウトライン モードであなたは"フード"の下には何を参照してくださいチャンスを得るリンクされたファイルがボックスとして表示されます、彼らは完全に (ので、このビュー モードの効果が消える) を展開している場合にのみオブジェクトの概要します。 プレビュー モードより迅速にロードする原因の詳細を使用しないデザインのワイヤー フレームを見ているようです。


Z

Zigzag

Zig Zag: シャープを作成したり、オブジェクトのエッジに沿って尾根を湾曲歪み効果。 スター バースト状のオブジェクトを作成するために特に役立ちます。

Zoom Tool (Z): 倍率のサイズを減少させることによって倍率のサイズを増やすことによってまたは大きな画像に集中するベクトルの作品の特定の領域を中心に一般的に使用されるツールです。


今、あなたはあなたのいろはを知っている.

上記作成するスケーラブルなベクトル グラフィックスときだけすべての Adobe Illustrator のツール、パネル、および効果とそのさまざまな用途の味があるでしょう。 さらにツールとパネルの故障は、Illustrator のツール セッション、イラストレーターのいくつかの詳細を提供する最も一般的に使用されるツールとパネルにこのガイドをチェックしてください。

Advertisement
Advertisement
Looking for something to help kick start your next project?
Envato Market has a range of items for sale to help get you started.